シンガーが「ターボスタディ」を公開

2022年2月9日(ロサンゼルス):カリフォルニアを拠点とし、ラグジュアリーなレストアを行うスペシャリストであるシンガーが「ポルシェ911 リイマジンド・バイ・シンガー:ターボスタディ」を公開しました。ターボスタディは、1975年に発売されたアイコニックな930ターボへのリスペクトを込めてターボチャージャー搭載のレストアを希望されたオーナーの声をきっかけに誕生しました。シンガーが手掛ける次世代レストレーション「ターボスタディ」の特徴:

  • オーナーの要望を受け、ロードカーにターボチャージャーを搭載した初のレストレーション
  • グランドツーリング、スポーツ走行、日常ユースまで幅広く対応
  • ターボ独特のボディ、「ホエールテール」リヤスポイラー、シャークフィンをリイマジン(再構築)
  • オーナーの要望に応じてラグジュアリーとスポーツ性能を融合

シンガーの創業者であるロブ・ディキンソン会長は次のようにコメントしています。「ポルシェ911に初めて乗ったのは1976年、私が11歳のときでした。ブラックの930ターボで、シートは赤のタータンチェック。喉の渇きを覚えるほど興奮し、言葉を失いました。私の人生を変えた瞬間から45年が経った今、ポルシェ初のスーパーカーが放ったあの興奮を蘇らせつつ、性能と洗練性をリイマジンし、オーナー様のご要望に応じて新たな高みへと進化させたターボスタディを、ここにお披露目できることを大変嬉しく思います。私を含め、多くの人生に影響を与えた930ターボへの最高のトリビュートだと思います」

スペック概要

公開された「ポルシェ911 リイマジンド・バイ・シンガー」のエクステリアは「ウルフブルー」、オーナーの要望を反映した「ターボスタディ」であり、ラグジュアリーな高性能グランドツアラーに仕上がっています。

  • 軽量なカーボンファイバー製ボディ、カラーは「ウルフブルー」
  • 3.8L水平対向6気筒ツインターボチャージャーとインタークーラー
  • 450馬力または510馬力
  • 6速マニュアルトランスミッション
  • 後輪駆動、ツーリング性能重視のサスペンション
  • カーボンセラミックブレーキシステム
  • インテリアカラーは「マリブサンド」、ウッドパネルの「ブラックフォレスト」がアクセント
  • ヒーター付き電動調節シート
  • エアコン

エンジン

ポルシェ911のオーナーとの共同作業で進める他のレストレーションと同じく、ターボスタディもタイプ964の空冷ポルシェをベースとします。ターボスタディではメツガーが開発した水平対向6気筒の空冷エンジンがさらに進化。3.8Lとなったエンジンにツインターボチャージャーを搭載し、電動ウエストゲートを採用します。吸気プレナム内には特別設計の空水冷式インタークーラーが装着されます。リヤフェンダーの「シャークフィン」をリイマジン(再構築)してインテークとして利用し、エンジンベイに冷気を送り込んで燃焼と冷却のパフォーマンスを最適化します。出力はオーナーの要望に応じ、450馬力以上にできます。

最先端のマテリアル

ビスポーク仕立てのカーボンファイバー製ボディは、伝統のDNAを感じるデザインの中に最先端の技術と材料科学が絶妙なバランスで融合しています。1970年代半ばのターボ車からインスピレーションを得つつ、美しさと機能性を両立するようにリイマジン(再構築)されたボディです。カーボンファイバーによって質量の低減と剛性の向上を実現しているのはこれまでのレストレーションと同じですが、スポーツ性能を期待する声が多いため、動的レスポンスが向上しています。

ドライビング

ターボスタディはシンガーが絶えず取り組んできた最適化と技術開発の結晶でもあります。2014年に初めて手掛けたAWDクラシックスタディのレストア以来、シンガーはAWDの自社開発を進めてきました。この開発が近年のターボチャージャーの開発、ハイパフォーマンスな走り、ダンパー技術へとつながっています。ターボスタディはオーナーの要望に応じ、後輪駆動または全輪駆動でレストアできます。季節や路面状況を問わず、パワーとトルクを確実に発揮したいというオーナーにはAWDがお勧めです。スポーツ性能を強化したドライビングを楽しみたいというオーナーには後輪駆動がお勧めです。どちらを選択しても、シンガーが誇る一体感のあるドライビングを6速マニュアルトランスミッションが支えます。

パフォーマンス

ターボチャージャーが搭載されているため、出力は450馬力以上になります。ノイズが低減したことに加え、ダンパーとサスペンションの路面追従性が向上し、洗練性がアップしています。つまり、高速での長距離ツーリングを一層楽しめます。ターボチャージャーによってトルクを補うことで、山岳道路から高速道路まで苦もなく走行でき、追い越しも余裕です。オーナーが希望すれば出力を引き上げることもできます。スポーツ性能をさらに強化したい場合は、スポーツエキゾーストシステムを搭載したり、減衰特性を調整したりすることが可能です。洗練されたグランドツーリング性能であれ、スポーツ性能であれ、両方のいいとこ取りであれ、シンガーがオーナーとの話し合いを通して実現します。ターボのパワーに見合った極めて強力なブレーキ、ABS、トラクションコントロールを装備し、安全面も万全です。カーボンセラミックディスクも選択できます。オーナーが望めば、季節を問わずツーリングを楽しめる内装に仕立てることができます。ヒーター付き電動調整式シートがあれば寒い時期でも快適にドライブができますし、クルーズコントロールがあれば高速道路での運転が楽になります。

価格

ターボスタディのレストア価格はオーナーが希望する仕様によって異なります。オーナーはスペシャル・ウィッシュ部門との話し合いを通じて希望を伝え、その後もオーナーとシンガーとの共同作業によってビスポーク仕立てでレストレーションが進められます。シンガーのマゼン・ファワズCEOは次のようにコメントしています。「2020年から2021年にかけて当社のセールスは倍増しました。カリフォルニア州トーランスにオープンした大規模な新施設に機能を集約したことによって増員が可能となり、高まる需要に応えるとともに、オーナーの皆様を快適にお迎えすることができるようになりました。英国では、ダイナミクス&ライトウェイトスタディのサービスを丁寧に行っています。ターボスタディはオーナーの皆様から予想以上の反応をいただいており、各オーナー様と協力してレストレーションを実現できることを楽しみにしております」

実車の公開予定

2022年6月23日から26日までイギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてターボスタディを公開します。ターボスタディの走りとサウンドをお確かめください。2022年8月には、北カリフォルニアのモントレー半島での公開も予定しています。シンガーは自然吸気エンジンまたはターボチャージャー付きエンジンの公道向けスポーツカーのレストレーションを手掛けています。クラシックスタディは空冷エンジンの911クーペとタルガをオーナーの希望に沿ってレストレーションするサービスです。ダイナミクス&ライトウェイトスタディは、空冷エンジンの911にF1由来のテクノロジーを採用し、究極のハイパフォーマンスを実現するレストレーションです。オーナーからのさらなる要望にお応えするべく誕生したターボスタディでは、ターボチャージャーを搭載してレストアします。今後も、アイコニックなデザインを持つ最高のコレクションを展開していきます。

シンガーの会社概要

シンガーは2009年にカリフォルニアで創業しました。「A Relentless Pursuit of Excellence」(エクセレンスの追求に終わりはない)がシンガーの哲学です。オーナーとの話し合いを通し、空冷ポルシェ911をリイマジン(再構築)するという独特のレストレーションで世界的に知られるようになりました。シンガーの哲学には以下の考え方があります。

  • 「Everything is Important」(ひとつひとつを大切に)の精神に則り、オーナーの要望に応えてディテールまで徹底的に造り込んだレストレーション
  • アイコニックなデザインへのこだわりと世界屈指のアイコニックなスポーツカーへのオマージュ
  • 最新の技術と材料科学を活かした宝石のようなディテール
  • カリフォルニアとその風土が育んだ自動車との強い結びつき

シンガーはこの10年で世界各地のお客様からオーダーを受けるラグジュアリーブランドへと成長しました。「リイマジン」(再構築)というコンセプトは今やシンガーの代名詞となり、21世紀の技術と材料科学を空冷ポルシェのレストアに注ぎ込んでいます。2017年には腕時計ブランド「シンガー・リイマジンド」をスイスに立ち上げ、賞を獲得するなど、自動車以外の分野にも活動の場を広げています。

シンガーの沿革

2009年:創業、モントレーカーウィークにてレストア1号車を公開
2014年:AWDとタルガを初レストア
2017年:腕時計ブランド「シンガー・リイマジンド」設立
2018年:グッドウッドとモントレーにてダイナミクス&ライトウェイトスタディの完成車を公開
2021年:オールテレイン・コンペティション・スタディの完成車を公開
2022年:ターボスタディの完成車を公開

シンガーについて

Singer Group, Inc.(シンガー)はオーナーの要望を受け、1989年から1994年までのポルシェ911のレストアおよびリイマジン(再構築)を964シャシーをベースにして行っています。シンガーは自動車メーカーでもなければ、自動車販売会社でもありません。シンガーはグローバル・パートナー・ネットワークを通し、北米、欧州、中東、アジア、オーストラレーシアのオーナーの皆様をサポートしています。シンガーは、Porsche Cars North America, Inc.、またはDr.Ing. h.c.F.Porsche, AGと支援や系列の関係になく、承認や是認を受けておらず、いかなる形での提携も行っていません。Porsche®の名称とマーク、911®、TARGA®はDr.Ing. h.c.F.Porsche AGの商標であり、ここに記載するその他の製品名はそれぞれの所有者に属する商標です。商標名またはその他のマークは参考として記載しています。シンガーがレストアとリイマジン(再構築)を行ったポルシェ911は、シンガーのたゆまぬ努力から生まれた製品です。ポルシェに敬意を払うとともに、ポルシェの商標権を尊重するため、シンガーが完成させた車は、いかなる状況においても、「シンガー」、「シンガー911」、「シンガー・ポルシェ911」、または「ポルシェ・シンガー911」と呼ばれてはいけません。また、シンガーがレストアとリイマジン(再構築)を行ったポルシェ911以外の何かであることを示唆するような方法で言及されてもいけません。# # #

最新ニュース

このサイトについて

シンガー・ヴィークル・デザイン(SVDまたはシンガー)は、オーナーのために既存のPorsche®をレストアおよびモディファイしています。シンガーは自動車メーカーでもなければ、自動車販売会社でもありません。シンガーは、Porsche Cars North America, Inc.、またはDr.Ing. h.c.F.Porsche, AG(www.porsche.com)と支援や系列の関係になく、承認や是認を受けておらず、いかなる形での提携も行っていません。Porsche®の名称とマークは、Dr.Ing. h.c.F.Porsche AGの商標であり、ここに記載するその他の製品名はそれぞれの所有者に属する商標です。商標名またはその他のマークは参考として記載しています。シンガーがレストアとリイマジン(再構築)を行ったポルシェ911®は、シンガーのたゆまぬ努力から生まれた製品です。ポルシェに敬意を払うとともに、ポルシェの商標権を尊重するため、シンガーが完成させた車は、いかなる状況においても、「シンガー」、「シンガー911」、「シンガー・ポルシェ911」、または「ポルシェ・シンガー911」と呼ばれてはいけません。また、ポルシェ® 911®以外の何かであることを示唆するような方法で言及されてもいけません。

関連ニュース

シンガーがカリフォルニアにて300台目のレストア完成

2024年2月14日(カリフォルニア州ロサンゼルス…

シンガーが「ダイナミクス&ライトウェイトスタディ:ターボ」を公開

2023年6月27日(ロサンゼルス):シンガーはカ…

2022年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてシンガーがターボスタディを世界初公開

2022年6月23日(イギリス、オックスフォードシ…